保険契約者や被保険者等の故意によって生じた損害

自動車保険とは偶然の事故を補償するものです。
そのため保険会社が、保険契約者、被保険者または保険金を受け取る者など当事者の故意または重大な過失によって生じた事故であると判断した場合、保険金が支払われないことがあります。被保険者とは対象の自動車を主に使用する者のことで保険契約者とともに保険の当事者で、この人を中心に補償が適用されます。
単独事故で状況が不自然な場合や、車両価格が高額な場合は調査会社が入り道路状況や事故前までの行動などを調べられることもあります。あやしい点があったり、飲酒の疑いがある場合などは保険金の支払いが拒否される場合があります。
盗難などの場合も不審な点があれば保険金が支払われないこともあります。
また、無免許や飲酒運転、薬物により正常な運転ができない恐れがある場合などに自動車を運転して生じた損害は補償の対象外です。戦争や暴動などの武力行使、地震、噴火、津波などによる損傷、腐食やさびなど自然の消耗による不具合や故障の場合なども補償が適用されません。
また、補償の範囲をアクシデントのみや車対車の事故に限定している場合は、自損事故などは補償の対象外になり、保険金は支払われないので注意が必要です。