保険金が支払われないときとは?

麻薬使用や飲酒運転など、法律に違反する運転で起こした事故は支払われません。対人賠償保険や対物賠償保険では、このようなケースでも被害者保護の為に原則的に支払われますが、支払われません。また盗難も補償の範囲ですが、その場合も最低限の盗難防止をしていることが条件とないますので、例えば鍵をかけずに鍵をさしたままに捨て盗まれた場合は、補償の範囲外になります。また盗難の際に車両や車両に固定されていなかったポータブルナビなどの盗難は補償されません。荷物も補償されません。火事や爆発、台風、落書き、洪水は補償の範囲ですが、地震とそれに伴う火事は補償外で支払われません。火山噴火、津波も範囲外です。何が補償され何が補償されないか、自然災害はわかりにくいのですが、そう決まっています。戦争や暴動、車両の故障や欠陥による事故、損害の場合にも支払われません。車両の研間はメーカーが補償するべき物であり、補償の範囲外となっています。このように保険金が支払われないケースもかなりあります。特に自分に過失がある場合支払われないことがあるので気をつけましょう。盗難防止の注意が足りないと言うような場合は自分の責任を果たしていない言う理由ですから、注意しましょう。