修理費用分や保険金額全額が支払われる

自分の車の損害を補償する保険に加入しておくと、交通事故や、アクシデントの時に、修理費用を自己負担せずに済ますことができる場合があります。
保証金額は、保険加入時のその車の時価によって決まります。その時の車両価格を上回る保証金額を設定することは出来ません。
また保険金額は、車両によって異なります。事故を起こしやすいスポーツカーや、修理費の高くつく高級車は保険料が高くなります。反対に事故を起こしにくいファミリーカーや、修理費の安く済む軽自動車は保険料が安くなります。
さらに保証範囲を限定することで保険金額を抑えることができます。他車との衝突、盗難、火災や水害などの自然災害、自損事故、当て逃げなどすべてを補償することも出来ますが、運転に自信のある方は、盗難、災害等のアクシデントのみに限定したり、車対車の事故の場合などのみに限定することもでき、全てを補償する保険にくらべて、保険料を安く抑えることができます。
アクシデントのみに限定すると、他車との事故などは補償の対象外になってしまいます。車対車に限定した場合には、二輪や原付を含む自動車と接触した場合のみしか補償が適用されません。補償を限定する場合は注意が必要です。