事故による損害に保険金が支払われる

国土交通省の発表したデータで、人生で交通事故にあう人は、2人に1人と言う資料が出されました。一生で2人に1人なので意外と少なく感じるかもしれません。しかし、毎日と言っていいくらい周りで見かけます。もしものために備えることが必要になってきます。
任意保険に加入していると、もし加害者になったときも、保険会社からきちんと被害者に保険金が支払われるので、安心です。この任意保険は、自賠責保険で足りない分を補うことが出来ます。
そもそも自賠責保険は、強制保険で、被害者の怪我の補償は上限120万円、慰謝料は1日4200円!、後遺症が残った場合は等級で変わりますが、75万~3000万円、死亡した場合は3000万円と補償の上限が決められています。しかも賠償の対象は被害者の対人のみになりますので、被害者の車の損害、物への損害は、支払われません。

 
最近では、若い方の中には任意保険に未加入の車をたまに見ます。現在任意保険は、強制ではありません。しかし、自分が加害者になるかもしれないリスクを良く考えて、車を運転しないといけません。最低でも、対人、対物の補償は、無制限に加入することが、車を運転する人の最低限のマナーではないでしょうか。